ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

動物である人間と神である人間

 動物である人間と神である人間

動物である人間と神である人間

8つのダイナミックスについて新たな考察を与えながら、L. ロン ハバードはダイナミックスとトーン・スケールの関係についての典型的な説明をしています。それは「宇宙の段階のスケール」としてのダイナミックスの最初の特徴によって始まります。この講演の中で、ハバード氏が「孤立化の理論」と呼ぶものの説明から、クリアーがつくられるたびに達成されるものについて、全く新しい洞察がもたらされます。

続きを読む
購入する
$15 USD
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 動物である人間と神である人間

「そのスケールの底辺には、動物としての人間があります。間違いありません。動物としての人間です。わかりますね? そしてそのスケールの上の端、最上部には、神としての人間がいるのです。」 ― L. ロン ハバード

8つのダイナミックスについて新たな考察を与えながら、ハバード氏はダイナミックスとトーン・スケールの関係についての典型的な説明をしています。

それは「宇宙の段階のスケール」としてのダイナミックスの最初の特徴によって始まります。ビーイングが神としての人間から動物としての人間へとトーン・スケールを下降するにつれ、そのそれぞれの段階には、第8のダイナミックから第1のダイナミックさえも下回る、絶え間ない孤立化が平行しています。これらの構造からすべての無意識の行為、反応、ベイランス、反応心の存在さえも生じています。

結局、ビーイングは罠にかけられています。罠は彼が自分でつくっていますが、取り消すのも彼自身なのです。オーディティングがなければ、それは永遠に続くものです。この講演の中で、ハバード氏が「孤立化の理論」と呼ぶものの説明から、クリアーがつくられるたびに達成されるものについて、全く新しい洞察がもたらされます。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists