ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

存在性を与える

 存在性を与える

存在性を与える

「因子」から直接引用された技術を含むこの講演には、特別な魔力が備わっています。セイタンが無限の歳月にわたって思案してきた疑問「存在性を与えるべきか、与えるべきではないか」への答えがあるからです。どのようにセイタンは存在性を与え、それから、自らが与えたその存在性と戦うのか。そのドラマを説明することで、L. ロン ハバードはその問題の成り行きをくまなく検証します。ここには、すべてのサイエントロジストにとって不可欠な真実と、ハバードが「セイタンにできる最高のこと」と呼ぶものがあります。

続きを読む
購入する
$15 USD
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 1

詳しい情報 存在性を与える

「私たちは生命が最もうまく行うことについて話しているのです。つまり、生命はその魔法の杖を振って『存在せよ』とか『生きよ』とか『存続せよ』と言い、そして、さまざまなものがそうするのです。まさにそれが生命のすることなのです。」 ― L. ロン ハバード

「因子」から直接引用された技術を含むこの講演には、特別な魔力が備わっています。L. ロン ハバードは、この講演を非常に重要と見なし、すべてのオーディターに配布するために複製させました。ここには、セイタンが無限の歳月にわたって思案してきた疑問「存在性を与えるべきか、与えるべきではないか」への答えがあるからです。

どのようにセイタンは存在性を与え、それから、自らが与えたその存在性と戦うのか。そのドラマを説明することで、ハバードはその問題の成り行きをくまなく検証します。セイタンは、自らの将来を創造するその一瞬ごとに、MEST宇宙に対して、自分自身の創造物に対して、他の生命に対して、さらには自分自身の時間の軌跡に対してさえ無数の形で存在性を与えます。存在性を与えることは、稀有な才能でも特別な技能でもなく、すべてのビーイングが無限に備える天賦の能力です。そして、それをオーディティングや芸術、人生に適用する無限の範囲を検討すると同時に、L. ロン ハバードは生命が存在性を与える個人を歓迎し、そうしない人々を軽蔑するさまを説明します。

ここには、オーディターだけではなく、すべてのサイエントロジストにとって不可欠な真実があります。なぜならこれは、生命そのものの本質であるだけでなく、ハバードが「セイタンにできる最高のこと」と呼ぶものでもあるからです。

« The Classic Lectures for Veteran Scientologists