ニューヨークタイムズ紙のベストセラー作家、L. ロン ハバードの出版社

第22回アメリカACC

 第22回アメリカACC

第22回アメリカACC

クリアリングの技術が開発され、さらにそれを用いるオーディターをトレーニングする手法を得たことで、HGCではあらゆるケースを確実に打ち砕いていました。一定不変の成果がもたらされる時代が到来していたのです。第22回アメリカACCで、L. ロン ハバードは次のように述べました。「私たちは、人生を歩んでいく道筋を示すことで人が人生をコントロールできるようにしただけでなく、私たちが人生について知ったデータのすべてを学んでいく道筋を示したのです。それにより、かなりの速さで人を救い出すことができるでしょう。」そのような視野から、彼はここで新しい人々への扉を開くことを決意しました。「人間の心の構造会議」で余すところなく示された、人々を迎え入れる正確なコースとともに、彼らをオーディティングするための正確なセッションがもたらされました。具体的には、ハバード氏が最初の「モデル・セッション」の台本を教えたことです。このデータがどれほど重要なものだったかについて言えば、彼は生徒たちに、それを完全に習得するのではなく、「超一流の域に達するまで」習得してほしいと告げたほどです。最高のプロを生み出すというゴールに向けて、彼は、現時点の問題、また現時点の問題によってプリ・クリアーの過去の軌跡に対する現実性が妨げられる理由、反応バンクの完全な仕組みに至るまで、すべてを詳細にわたって指導しました。一方でこれらの講演の重要性にふさわしく、ハバード氏はケースを解決するすべてのHGCに対して、それらの講演の勉強を指示したのです。

続きを読む
購入する
$125 USD
送料無料 現在、送料無料。
在庫あり 24時間以内に発送されます
形式: コンパクト・ディスク
講演: 15

詳しい情報 第22回アメリカACC

「しかし、あなたが『公式』まで来たら、あなたはモデル・セッションを使って、台本通りにランすることになります。で、あなたはそれを、かつて『十戒』を習った時よりもずっとずっとしっかりと理解しなくてはなりません。なぜなら、人々の人生はモデル・セッションの台本に懸かっているからです。」― L. ロン ハバード

1961年1月、「上級臨床コース」というハバード氏の調査と開発のプログラムは、ひとつの結論と、かつて夢見られたことのないものを達成するために、その頂点に向けて加速していました。というのも、彼はあらゆるビーイングをクリアーに至らせる技術を開発しただけでなく、あらゆるオーディターがその技術を適用できるようトレーニングする手順をも開発していたからです。ここで彼は、ほとんどひと呼吸も置くことなく、その注意を最後の、そして決定的なステップへと向けました。なぜなら、あらゆるビーイングが自由を達成するのを妨げ得るものとして唯一残ったのは、単に彼らが依然として技術を利用しないことだけだ、ということが明らかだったからです。それゆえに生まれたのが、あらゆるビーイングを啓発し、イン・セッションにする「プリセッション」の技術です (「普及とヘルプに関するロンドン会議」)。これらのテクニックがオーディティングの適用において実践されるようになった(「第1回セントヒルACC」)ことで、オー ディティングがまさに新たな次元へと移行しました。あらゆるケースが確実に打ち砕かれ、一定不変の結果がもたらされる時代の幕開けです。こうしてL. ロン ハバードは、いよいよ普及活動の「スイッチを入れ」、門戸を開いて新しい人々を大量にサイエントロジーに迎え入れることができるようになったのです。それを実行する正確かつ厳密なコース(「人間の心の構造会議」)とともに、彼は彼らがやって来た時に備え、正確かつ厳密なセッションを提供しようとしていました。それは実際、ある特定のプロセスにだけ当てはまるものではなく、あらゆるセッションに用いられる手順です。

具体的には、1961年1月2日、ワシントンD.C.における「第22回アメリカ上級臨床コース」の開始と同時に、ハバード氏は最初の「モデル・セッション」の台本を教えようとしていました。このデータがどれほど重要なものであったかについて言えば、彼は第22回ACCの生徒たちに、それを完璧に習得してほしいのではないと告げていました。そうではなく、彼が望んでいたのはそれを「一流の域に達するまで」習得することでした!実際、参加したオーディターたちはその意気込みがあるかどうかを試されることになりました。というのも、台本を手にした以上、正確な技術の正確な適用に及ばないものに対する弁解の余地は全くなかったからです。

「モデル・セッションは完璧でなくてはなりません。もし誰かが、始めから終わりまで完璧なセッションを行うことができない状態でこのユニットを出ていったりしたら、私はその人にセイタンを引き渡すように言いますよ。ちゃんと聞いてください。とても重要なことです。

台本は重要です。あなたはオーディティングの指示が正確であることにあまりにも慣れていて、台本が正確でなくてはならないということには気付かないのです。わかりますか。ですから、それを徹底的に身に付けなさい。それを完全に自分のものにしなさい。」

どのようなケースも打ち砕き、彼らをクリアーにすることのできる新しいオーディターの一群を、第22回ACCから生み出すというゴールを持って、彼は参加者ひとりひとりをオーディティング技術の熟達者にするために、詳細にわたる指導を与えました。Eメーターの歴史、目的、特にトーン・アームと針の反応に関するその使用法から、反応バンクの詳細な仕組み、現時点の問題、そしてそれによってプリ・クリアーの過去の軌跡に対する現実性が妨げられてしまう理由に至るまで…ここでは、オー ディターが安定したケースの向上を生み出し、ケースをクリアーに向けて動かしていくために必要なすべてが、まさに余すところなく網羅されました。

  • 公式、プリセッション、体系的手順:それぞれの働き、そしてそれらの 関連性。
  • 所有性のプロセス:所有性をテストする方法。そしてPCを現時点に安定させるというその目的。
  • 現時点の問題:それがいかに過去の軌跡に対する現実性を妨げるか。
  • 忘却:忘却は自己に対するウィズホールドであるということについて。
  • オバートとウィズホールド:正確なメカニズムについての説明。そしていかにオバート/ウィズホールドが所有性のプロセスとして機能するか。
  • プリセッション37:その作用。そしてどのようにオーディティングされるか。
  • ヘルプ:その使用法。そしてこれが正気さの最低の段階である理由。
  • ダイアネティックス・アシスト:プリセッションにおけるそれらの使用法。

達成されたものの証明として、参加したオーディターたちの技能が進みの遅い一連のケースに適用されると、向上が急激に速くなるという大きな違いが現れました。その違いを最も適切に表現しているのは、すべてが今や「驚いたガゼルのように動いている」というL. ロン ハバード自身のコメントです。一方でこれらの講演の重要性にふさわしく、ハバード氏はケースを打破するすべてのHGCに、それらの講演の勉強を義務付ける指示を出すことになるのです。

« ACC Lectures